女性のターニングポイントは35歳!?

意外と知られていない女性の加齢臭問題

アラフォーから変わるホルモンバランスとカラダの変化
最近体のニオイに変化を感じませんか?
実は35歳あたりから、女性にも加齢臭の影が忍び寄ってくるのです。
女性の加齢臭は何が原因で発生するのか、また日々心がけておきたいことなどをご紹介します。

加齢臭と気づいていない女性は約7割!?

加齢臭と気づいていない女性は約7割!?

「オヤジ臭」などと呼ばれ、中年男性特有のニオイと思われていた加齢臭ですが、実は女性にも存在するのです!
もともと加齢臭の発生メカニズムは男女ともに同じ。ただ、女性はニオイへの意識が高く、普段から香水やヘアフレグランスなどで身だしなみに気をつけているため、男性より加齢臭が目立たないと言えます。
近年、女性の加齢臭をテーマにしたテレビ番組や、新聞や雑誌の記事を見かけますが、多くの女性はまだ、自分には関係ないと思っているようです。

右のグラフを見ると、「自分の体臭が気になる」と答えた40代女性は、約8割にのぼります。年を重ねるにつれて、自分のニオイの変化に気づいている女性は多いようですが、体臭を加齢臭に結びつけていない人は7割近くも。「最近汗のニオイが変わった」と言う女性でも、それが加齢臭だとは思っていないのがほとんどです。
しかし、それこそが女性の加齢臭なのです。

40代女性にアンケート自分の体臭が気になりますか?
40代女性の約80%が「気になる」と回答しました そのうち「自分の加齢臭が気になる」と答えたのは約35%でした。グラフィコ調べ(n=29)

加齢臭ってなに?

加齢臭ってなに?

人間の皮脂腺から分泌される皮脂の中にあり、肌や髪に潤いを与える「9-ヘキサデセン酸」。
これが、コレステロールや中性脂肪などの脂質が活性酸素によって酸化した「過酸化脂質」によって酸化・分解されると、「ノネナール」というニオイ物質を発生させます。これが、加齢臭の原因になります。
加齢臭は酸化した脂のニオイで、「ろうそく」「チーズ」「古本」に似ているとも言われます。
加齢臭は男女ともに40代から発生すると言われ、女性は閉経する5年前あたりから発生しやすくなるようです。※ 最近では加齢臭は35歳からニオイが出る人も増えています

最近は若い女性でも加齢臭が!
加齢臭はどこから出やすい?

加齢臭は、耳の裏や脇の下、陰部周りなど、汗腺が多く肌どうしが常に触れ合っている場所から多く分泌されます。お風呂ではこの部分を念入りに洗うようにしましょう。

そこで医療・美容ジャーナリストの宇山恵子さんに、ホルモンバランスが乱れる原因や毎日の生活で心がけることなどを教えていただきました。

ホルモンバランスが乱れる原因や毎日の生活で心がけることなどを教えていただきました

医療・美容ジャーナリスト宇山恵子さん
医療・美容ジャーナリスト宇山恵子さん

東京医科歯科大学非常勤講師、京都府立医科大学特任教授。医療・美容ジャーナリスト。
「オールアバウト」アンチエイジングガイド、メノポーズカウンセラー、書道講師、ヨガ講師。
大学卒業後、産経新聞などに勤務。
医療、アンチエイジング、ダイエット、メイク、ファッション、映画、音楽などの取材を行う。
フリー転身後、医療・美容ジャーナリストとして新聞、雑誌、テレビ、インターネットサイトなどに執筆・出演。
2009年、NPO法人 更年期と加齢のヘルスケア認定「メノポーズカウンセラー」に合格。
老人福祉の現場で書道講師としても活躍中。