コスメや健康食品の通販ならグラフィコ

なかったコトに!

キャンペーン専用窓口 お問い合わせ

なかったコトに!ダイエットスペシャルコラム 笑い×ダイエットの仕組みとは?

「笑っているだけでダイエット!?」笑うという行動は意外にもカロリーが消費されます。その理由を見てみましょう。

Lesson01笑っているとき、どこの筋肉を使っているかわかりますか?

「抱腹絶倒(ほうふくぜっとう)」というお腹を抱えて倒れるほどに笑うという意味の言葉があるように、お腹を抱えるのはそこの筋肉が使われているからです。
笑うときの呼吸方法は腹式呼吸になっています。
また、手をお腹に当ててみると、笑っていない平常時は呼吸に合わせてゆっくりとした動きをしています。
ちょっと笑っているときは早く小刻みな動き、大笑いをしているときは大きな動きになっています。

Lesson02思いっきり笑ってカロリーを消費!

10分間の行動での消費カロリー比較
軽く笑う:約10kcal < 散歩:約27kcal < 思いっきり笑う:約30~40kcal

笑っているときは腹筋以外にも胸筋や背筋など複数の筋肉が使われています。これらの筋肉が使われることによりカロリーが消費されるのです。
笑い方によってカロリー消費量は増減しますが、「お腹を抱えて笑う」くらいの大笑いになると筋肉の動きが大きくなり、その消費カロリーは軽く笑っているときの3~4倍にもなり、散歩を上回るカロリー消費量になります。
楽しいときは思いっきり笑ってカロリーを消費しましょう!

Lesson03大笑いをして健康な身体づくり!

ダイエットとは直接関係のない話になりますが、医学的にも笑うという行為は身体に良い影響を与えるとされています。具体的には、腹筋や横隔膜が使われることによる便秘の解消、ストレス発散効果、免疫力の向上、笑いで脳が刺激を受けることによる活性化・ボケの防止効果をもたらすことが確認されています。
心からの大笑いをしてダイエットをするとともに健康的な身体にしましょう!

(出典:Slism)

なかったコトに!の最新情報やキャンペーン情報をお届けします。